近年では、世界中の人々がエキサイティングな内容のサッカーを心から楽しんでいます。試合の勝敗や点差、どの選手がゴールしたかなどを予想してお金を賭けるブックメーカーは、熱狂的な人気を集めているのです。日本人選手の中にはヨーロッパなど主要なリーグで活躍している人も急速に増えてきているため、ブックメーカーの賭けの対象となるケースも少なくありません。日本人選手に対する世界的な知名度も年々高まっていますので、非常に興味深い娯楽サービスとして親しまれているのです。

また、熱烈なサッカーのサポーターはさまざまな国にいますので、選手のプレースタイルや最近のコンディション、これまでの実績やアシスト数などを客観的に判断して真剣に悩みながら試合結果を予想しています。ブックメーカーでは、不正などが起こらないように細かい部分まで徹底的な監視システムを用意して、常に万全の準備で質の高いサービスを提供しているのです。料金は明瞭でわかりやすく良心的な設定となっていますので、初めてチャレンジする初心者にとっても安心といえます。

さらに、ブックメーカーは、日本語にも柔軟に対応している点が特徴です。手数料も非常にリーズナブルな料金ですので、費用をあまり心配することなく誰でも手軽に始められると喜ばれているのです。24時間いつでも専門スタッフがサポートしているため、早朝や夜間などの時間帯でも気兼ねなく質問や相談することが可能といえます。日本人選手に関する最新情報を手に入れることもできますので、じっくりと時間をかけて勝敗の推理を満喫できるのです。ワクワクしながらサッカーの試合のことだけを楽しめる点が、ブックメーカーの最大の魅力といえます。

このように、若者からお年寄りまで幅広い年齢層の男女たちの間でブックメーカーは、非常に便利で使い勝手の良い存在として真っ先に選ばれているのです。実際に利用した人の口コミによる評判は、年々浸透しています。

 

サッカーの勝敗にボール支配率の意味はあるのか?

サッカーのTV中継を見ていると、ポゼッションという単語をハーフタイムを中心に目にすることが多くなっています。ポゼッションは日本語訳すると支配するという意味になり、サッカーにおけるポゼッションとは、そのチームが試合全体でどれだけボールを保持できているかを表す数値となります。

自分たちのチームがボールを持っている限り、相手チームにボールが渡ることはなく、その結果相手チームは得点する事ができないという理論から、スペインやアルゼンチンの代表チーム等多くのサッカーチームが重要視しています。しかし、ボール支配率が高いほうが有利かというとそうではありません。

そもそもサッカーはボール支配率を競うゲームではなく、ゴールポストに入った得点を競うゲームです。そのため、ボールの支配率が高くても、ゴールポストを揺らすことができなければ勝つことはできませんし、逆にボールの支配率が低くても相手の攻撃後の一瞬の隙を突いたカウンターによって勝利した試合も数多くあります。ボールの支配率はその時点でどれだけそのチームが優位な位置にいるのかを示すだけで、これが勝敗に直結するわけではないのです。もし、TV中継でひいきのチームのボール支配率が低くても不利だとは思わず、チームが勝利するように応援しましょう。